サンタクロース手紙 ブログトップ

【手紙】サンタクロースはいるのですか?~ 米国新聞社説の回答があまりに感動的! ~ [サンタクロース手紙]

サンタクロースはいるのですか? 米国新聞社に手紙を出した少女バージニア。

 

そして、その手紙の返答が新聞社説に掲載されました。1987年のことです。

 

その「希望的で感動的な文章」が大きな反響を呼び、現在に至るまで全世界の子供たちの夢を守りぬき続け、ついに全世界で最も有名な社説と呼ばれるようになりました。

 サンタクロース手紙サンタは本当にいるの.png

 

ことの始まりは、当時8歳の少女・ヴァージニア・オハンロンがニューヨーク・サン編集部に「サンタクロースはいるのですか」という内容の手紙を送ったことから始まります。

彼女が「サンタクロースはいるのかどうか」について友達と論議した際、「サンタクロースはいない」という友達がおり、本当はどうなのか知りたくて、父親のすすめで新聞社、ニューヨーク・サンに手紙を出したというのです。

これに対してニューヨーク・サンの論説委員であったフランシス・チャーチは、社説欄を通して、返事を書きました。

 

サンタクロース社説を書いた新聞記者.jpg
後の人々にサンタクロースを信じる勇気を与えた新聞記者、フランシス・チャーチ

 

社説の見出しは「Is there a Santa Claus?(サンタクロースはいるの?)」

まず投書へのお礼、そして彼女からの手紙の概要を紹介した後、書き出しで「VIRGINIA, your little friends are wrong.(ヴァージニア、あなたの友達は間違っています)」断言します。

そして、最も有名なフレーズである「Yes, Virginia, there is a Santa Claus.(そうです、ヴァージニア、サンタクロースはいるのです)」の一文を用いて、子どもたちに、「目に見えるものしか信じれない悲しさと、「目に見えないもの」の確かさ、そしてそれを信じることの素晴らしさを、切々と説きました。

 

その後、読者からニューヨーク・サンに数年経っても再掲の要請が繰り返されたため、ニューヨーク・サンはついに再掲に応じ、更には毎年クリスマスに再掲するようになりました。

そして、この話は掲載されてから100年以上を経た今でも、クリスマスが近づくと世界中で語り継がれるものとなっています。

 

バージニア・オハンロンが、「ザ・サン」に出した手紙  

 

サンタクロース手紙.png

 
わたしは8才です。

 

おともだちの中に、サンタ・クロースなんかいないっていう子がいるのです。

 

パパはこう言いました。

『「ザ・サン」にそう書いてあればそうだろう。』

 

どうか本当のことを教えてください。

サンタさんはいるのですか。

 

バージニア・オーハンローン( Verginia O'Hanlon )  

新聞記事全文を読む





最近、“楽天”を使うことが多くなりました (^^ゞ
nice!(1) 
共通テーマ:ニュース
サンタクロース手紙 ブログトップ
アイパッドipad中古価格人気.png